読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想文

読んだ本と見た映画のはなし。

「ピンクとグレー」

映画をみて思ったのは、本を読んで本当によかったなってこと。そして、映画の前にちゃんと読んでよかったなってこと。

私はピングレ読んで本当に本当に感動したし大好きだー!!!って思ったし考えることがたくさんあって、とても良い時間を過ごしたんだけど

映画のピングレは別物過ぎて、、

いや、知ってるよ。
シゲが言ってたの知ってるよ。
映画と小説は別のものって考えてほしいって言ってたこと知ってるよ。

それでもさ、あんなに違うなんて思わないじゃん。笑

まさかあんなに別物なんて思わないじゃん。笑

同窓会のあとに飲みにいくふたりは無駄に忠実だったね。。。


本を読んだあと、「どうしても仕掛けが分からない」って言ってたけど、それは映画に限ったことだったようで、、、
ともだちは本を読んだあとに予告をみて62分後の仕掛けに気付いたらしいけど、私は言われるまで全く分からなかった。

悔しい、、、

で、でも、世界が「ピンクからグレーに変わる」意味は分かってたよ!!!みんな分かってるか!!


映画は映画として、とてもよかった。
「映像」を使っておもしろかったし、ピンクからグレーになるっていうのもおもしろかった。(本当みづらくて頭痛くなったけど)

しかしあれを『ピンクとグレー』として発表するにはシゲが不憫すぎる。笑

あんなに素晴らしい作品を作ったのに、本尚を読まず、尚且つ「映画と小説は別のものとしてみてほしい」という原作者のメッセージを知らない人がみたら、あれが加藤シゲアキのピンクとグレー。
そんな悲しいことって、、、

く、悔しい、、、笑


ごっちは姉貴が好き。とはっきり表現したことと、ごっちがりばちゃんを最期までそして死んでも尚「自分とは違う」って言っていたことが、すごく…嫌だった…。

でも終わり方はすごく好き!
しょーもな!!!


姉貴の見た景色が見たくて死ぬなんて、しょーもな!
芸能界なんて、しょーもな!
自分なんて、しょーもな!

みたいなかんじかなぁー??


菅田将暉が本当にクソ過ぎてカス過ぎてゲス過ぎて最高でしたね。あんな役ができる若手俳優いないね。

夏帆もぶっとんでて最高でしたね。

裕翔くんがとにかくとにかく美しすぎて、美の暴力で、美の過剰摂取をした。とにかく美しい、そして、ハンサム。イケメンではなく、ハンサム。

途中で、ごっちに嫉妬するりばちゃんと山田に嫉妬する裕翔くんがかぶったりして、感慨深くなったりして、、

サリーにぶちぎれるシーンなんて狂ってて裕翔くんすぎて、、


複雑な2時間10分を過ごした。

 


しょーもな!