読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想文

読んだ本と見た映画のはなし。

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら / 川村元気

5月14日に映画公開みたいですが、Amazonのレビュー見て気になって購入。

明日死んでしまうはずの主人公が、悪魔と取引をして、身の回りのものをひとつ世界から消す代わりに1日生き延びるはなし。


自分にとって「なくなってもいいもの」と感じるものは世の中に山ほどあるけど、悪魔はそれを選ばせてくれない。

電話、映画、時計、最後に飼い猫を消してしまうと言うから、さすが悪魔。


繰り返し出てくる「なにかを得るためには、何かを失わなければならない」。

そのとーりですってかんじだけど。

悪魔とか出てきてファンタジーだし、お涙ちょうだいストーリーだけど、これなくしてたよって教えてもらったような、いろんなことに気づかされたような、かんじ。

読んでよかったなぁ~ってきもち。

 

なくなってほしくないってことは、愛してるってことなんだ!