読書感想文

読んだ本と見た映画のはなし。

「怒り」

 

映画『怒り』公式サイト 

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。窓は閉め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はいまだ知れず。事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。

千葉 ―――――――

3か月前に突然家出をした愛子が東京で見つかった。彼女は歌舞伎町の風俗店で働いていた。愛子を連れて帰った父・洋平は、千葉の漁港で働く。8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代に出会った。

東京 ―――――――

大手通信会社に勤める優馬は、日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。ある日、優馬は新宿で直人に出会った。

沖縄 ―――――――

また男と問題を起こした母と、夜逃げ同然でこの離島に移り住んできた高校生の泉。ある日、無人島でバックパッカーの田中に遭遇した。

 

殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。その顔は、出会った男に似ていた。

いつしか交際を始めた愛子と田代。二人の幸せを願う洋平であったが、前歴不詳の田代の過去を信用できず苦悩する。

同居を始め、互いの関係が深くなっていく優馬と直人。しかし直人の日中の不審な行動に優馬は疑いを抱く。

ある事件をきっかけに心を閉ざした泉と彼女を救えなかったことに苦悶する同級生の辰哉。親身に支える田中であったが、無人島で暮らす彼の素性を誰も知らない。

 

愛した人は、殺人犯だったのか?

それでも、あなたを信じたい。

そう願う私に信じたくない結末が突き付けられる。

 
 

予告を見てからずーーーっと気になってて、本日見てきました。

感想はですね。とにかく…

重い。
ひらすら、重い。
 

「愛した人は、殺人犯だったのか?それでも、あなたを信じたい。」

本当にこのテーマが重くて重くて。

映画が進んでいくにつれ、どんどん、「愛した男」を疑っていくんです。見ているこっちもどんどん疑うんだけど、3人の男はみんな人を殺しそうにないの。言ってしまえば、疑う要素は指名手配とそっくりな「顔」だけ。あとは「素性が知れない」。それだけなのに、人を疑うには十分すぎる。

かなり考えさせられました。

 

あと、私は写真集買うくらいに綾野剛が好きなので、もう最高でした。

序盤の「なにか言ってほしいんだよね?信じてくれてありがとう。」に落ちました。妻夫木とのラブラブが最高でした、ありがとうございました。

 

これから見るひとは、まず、だれかと見た方がいいです。ひとりで抱えないほうがいいです。笑

あと、なるべく遅い時間に見た方がいいと思う。いろいろなやる気を失うから、その日1日を楽しく過ごすなんてまず無理。すっきりする話ではありません。

でも見てよかったなーとは思う。

 

 

以下、盛大なネタバレ。

 

 

 

 

 

 

 

疑われる男たちは、綾野剛松山ケンイチ森山未來

私は、完全に綾野剛だと思っていたし、映画製作サイドも綾野剛が疑われるようにしてたと思うけど、(綾野剛に見せかけて松山ケンイチ~?!みたいなかんじだった)なんと犯人は森山未來。ノーマーク。ほんとコイツはまじくそやべぇやつ。ほんとに。なんなら3人のなかでいちばんまともだし、優しいし、かっこいいのに、まじで最高級のカス。「おれ頭に血がのぼってないとダメなんだ」って逆立ちをするシーンがあるんだけど、もーーー怖すぎ。

 

役名が分からないから、芸名で感想。

 

森山未來サイド(沖縄)では、広瀬すずと、芸名分からないから役名でいうと、たつやくん(広瀬すずとおなじ年)って子が出てくるんだけど、広瀬すずが米兵にレイプされてしまって、それを森山未來とてつやくんで支えてあげようって話になるんだよね。でもまあ森山未來まじやべーやつだから、レイプされたのもおもしろがってたわけで、それを知ったたつやくんは、裏切られたと思って刺しちゃうんですねーーー。はい重い。ここはとにかく重い。考えるとかじゃなくて、ただ森山未來はカスだし、たつやくん悲しすぎだし、すずがひたすらかわいそう。

 

綾野剛サイド(東京)では、妻夫木と綾野剛のラブラブをとにかく見せられるんだけど、綾野剛が女といるのをみた妻夫木に、かすかな疑心が芽生えて、責めてしまうの。そして綾野剛がいなくなってしまったのと同じタイミングで、殺人犯なんかじゃないか?と疑ってしまう。そして、急にきた警察からの「綾野剛を知ってますか」って電話に、「知りません」と言ってしまう。でも実は、その連絡は「綾野剛が死んでました」って連絡だった。綾野剛が会っていたのは同じ養護施設の出身者で、その女に「妻夫木に出会ってから大切なものは増えるんじゃなくて減ることを知った」と言っていたこと、もともと心臓の病気があったことを聞く。それを知った妻夫木は、ふたりのラブラブ時代に、綾野剛が言った「同じ墓に入れなくても、隣ならいいよね」って言葉を思い出して泣きながら都会を歩くのである…。

いや、つらすぎかよ。
綾野剛かわいそうすぎかよ。悲しすぎかよ。

このサイドは本当にふたりがどんどん大切なひとになっていくのが分かる分、最後がつらすぎた。妻夫木にはぜひあとを追ってほしかった。ほんと、愛の美学ってかんじ。すごい好き。

 

松山ケンイチサイド(千葉)では、渡辺謙とその娘の宮崎あおいが出てくるんだけど、ここがいちばんメインというか、疑われてるんだよね、映画のなかでも。宮崎あおい発達障害とかの設定なのかな?はっきり言わないけど、映画内でも「普通の子じゃない」って言ってるんだよね。松山ケンイチ宮崎あおいがどんどん惹かれあって、一緒に暮らすー!とかなってるのはアナ雪かよって思ったけど、渡辺謙がとにかく松山ケンイチを疑ってて、昔の職場までいくの。名前を変えていることを知るの。でも、宮崎あおいは、「両親の借金のせいで借金取りから逃げてるせい」って言われた、って信じるんだけど、ついに、宮崎あおいも信じきれなくなって、本人に聞いてしまう。「犯人じゃないならお昼までに戻ってきてね」って。でも戻ってこなくて、ついに警察に電話してしまうん。でも…犯人じゃなかった…!本当に両親の借金で追われていただけなのである…!このあとよ。「戻っておいで」って電話するのよ。「いままでひとりでよく頑張ったよ。戻ってきてくれないか。」って。いやいやめっちゃ疑ってたやんけーーー!!!

 

とにかくどのサイドのはなしもやばすぎて、ベースになる八王子事件(森山未來が犯人のやつ)が全然入ってこなかったしなんで殺したのかもあんまりよく分からなかった…。でももういっかいは見れない…。

 

なんかね。人を信じるということはかなり考えさせられるし、なにを基準に疑ってなにを基準に信じればいいの?????という話だった。私だったら超疑うと思う。無理だね。笑

 

優しくされたら信じるのか、愛されたから信じるのか、フィーリングで信じるのか、どこまで信じるのか、自分が巻き込まれても信じるのか…。

 

一度疑ってしまったら、もうどうにもならないんだなぁと思った。

逆に、疑う要素がなければ信じ続けられる。

 

ほんとにどんよりどんよりな映画だったなぁ…

 

 

 

 

おわり。

広告を非表示にする